ハッピーハロウィンじゃ!

「ハッピーハロウィーン! この季節だけは元の姿で外を歩いても大丈夫なので、尻尾を伸ばしておるninetailのマスコット、楓じゃ!」
「祝祭。同じくこの季節は素のままで街を練り歩く。dualtailのマスコット。ルナ」
「しかしアレじゃな、今年は色々あって、あんまり仮装行列とかの雰囲気ではないのう……」
「残念。それでも商店街とかでは。少しでも盛り上げようと色々やっている模様」
「わしもさっきお菓子をもらってきたのじゃ。
 ……子供に耳やら尻尾引っ張られまくったのじゃがな」

「報復。わたしの尻尾を引っ張った悪ガキどもに。三日三晩夜尿症になる呪いを。かけておいた」
「えげつねえ真似をしくさるのじゃ……。
 3日続く辺りが絶妙に嫌じゃのう」

「効率。呪詛はそれくらいの期間にしておくのが。一番コスパがいい」
「むむ、そうなのか?」
「比較。楓は時間当たりのリソース消費がバグってる神術しか知らないから。コスト感覚がガバガバ。わたしの苦労を。もっと思い知るべき」
「お、おう、そうじゃな……?(良く分からん)
 それはさておき、今年も方々の世界を巡ってお菓子をねだりに行くのじゃ!」

「了解。毎年のことなので。術式は既に……あ」

「む? どうしたのじゃ? そんなに冷や汗流しまくりのルナは初めて見るのじゃが……」
「失態。夜尿の呪詛のせいで。魔力の蓄積が足りない」
「アホかー!! どうするんじゃこれから!!」
「提案。仕方がないので。今年は1箇所に集中して。転移することにする」
「むう、仕方ないのう……。それで、どこにするんじゃ?」
「履歴。過去に転移したことのある場所の方が。色々魔力リソースも圧縮できるので。ユグドラシル大陸などが。良いのでは」
「VBFの世界じゃな。なんだかんだで何度も行っておるからのう、あそこは……」
「早速。術式を深層領域から解凍。後は仕上げで楓の神力を注入」
「うおおりゃああああ尻尾を立てるんじゃあー!!」
 
~みょんみょんみょんみょん~
 
「あら? この術式の気配は何だか覚えがあるような……?」
「呼ばれずとも飛び出るのじゃあああ!
 お菓子を寄越すかお菓子を食べさせるのじゃあ!!」

「うお、いつだったかの子狐じゃねえか!
 ……そんな台詞だったっけかあ?」

「正解。トリックオアトリート。お菓子をくれなきゃ。イタズラする」
「あ、あの、どうしてスカートを引っ張りながら言ってるんですかあ!
 もうイタズラしてるじゃないですかあ!!」

「失敬。何故だかこうしないと。触手たちに叱られる気がした」
「ほらほら、ちゃんとお菓子をあげるから、リグレットを解放してあげて?
 本当は今日のお茶会用に作ってきたのだけど……」

「ほうほう、美味しそうな焼き菓子なのじゃ! ありがたく頂くのじゃ!」
「広い心で仔狐と仔猫が菓子を食うのは許すが、妾の分に手をつけたら分かっておるな? ……むしるぞ」
「ひぃっ! 毛どころか尻尾までむしられそうじゃ!」
「宣伝。ここは機嫌を取っておくのが。保身のためにも良いかと思われる。ただいま好評発売中の『VenusBlood AfterDays』を紹介」 

クリックで特設サイトへ

 
「VB総選挙で人気上位だったリグレットとオーディンの後日談や、有り得たかもしれない物語を描いたミニAVGじゃ!」
「好評。3本全部買うと。ボイスドラマももらえてすごくお得」
「新しく入植した村に作った温泉宿の女将として頑張ったので、是非見て……え、あの、恥ずかしいので、あんまり見ないで頂けると……あ、でも村長のヨーツンヘイムさんから宣伝してくれって言われてるんでした……」
「妾の後宮での活躍はしかと眼に焼き付けるがよいぞ!!
 主神の知略、見て驚け!!」

「オーディン様やリグレットだけズルいなあ……」
「まあまあいいじゃねえか、ティルカ。あたしらは『VenusBlood Frontier International』で追加のシーンがあったりするんだからな!」
「ダーククロニクルの方は、なかなか壮絶な目に遭っていますし、こればかりは我が身に降りかからなくて良かったです……。
 そういえば風の噂では、出資を募るプロジェクトの第2弾も、大成功の内に終わったそうですね」

「世界を越えて届く風の噂、ハンパねえのじゃ……」
「結果。300%を越える出資を得た『VenusBlood HOLLOW』は。プレオーダーストアが開催中。CFに参加できなかった人も。今なら間に合うので是非」
「ナンで別の世界に来てまで宣伝しておるんじゃろうな、わしら……」
「追記。こうなったらお菓子を食べながら。宣伝し倒すしかないので。『VenusBlood HYPNO』ジュリア&リーゼのオナホが。本日発売したことを。伝えておく」
「基本的に完全受注予約じゃったからメーカー在庫はもう空っぽなんじゃが、30日現在ではとらのあな、amazonの各店舗在庫が多少残っているらしいので、買い損ねたものはダッシュじゃな」
クリックで特設ページを開く

「最早何でもアリじゃな……。
 それにしてもお菓子美味いのじゃ」

「フォルクの小麦は大陸で一番ですからね。
 焼き菓子も美味しくて当然です」

「フレイヤ姉さんの腕もあると思うけれど。
 私だとこうはいかなくて……」

「ハハハ、あたしなんてからっきしだぞ、それに比べればマシさ!」
「ティルカ姉様、ロキさんに美味しいの食べてもらいたいって頑張ってたから……」
「ちょ、ちょっとリグレット! 私は別にロキのためってわけじゃないわ!
 神殿に遊びに来る子供たちにあげようと思ったの!」

「カカカ、民に愛される女神で喜ばしいの。
 妾は献上されるばかりじゃ!」

「しかしルナよ、割と仲良いよな、こやつら……」
「母娘。家族のようなものだろうから。こういったやり取りも。いつものことなのかもしれない」

「他の作品だと、勢力同士割とギスギスしておるからのう……」
「宿敵。『VenusBlood HOLLOW』などでは。お互いに覇権を狙う敵同士なので。こういうお茶会は有り得ないかもしれない」
「まあ、わしらとしては、お菓子のおこぼれに預かれるので、こっちの方が有り難いのじゃ!」
「む、転移ゲートが不安定になってきておるぞ?
 そろそろ戻らねば、帰れなくなるのではないか?」

「期限。いつもより魔力をケチったので。効果時間が危うい」
「のわあああ、落ち着いて菓子を食ってる場合か!
 残りはお土産にして、さっさと帰るのじゃ!」

「借用。ちょっと漏れ出してる女神たちの神力を頂戴して。ゲートを安定化させる」

「慌ただしいが、わしらは帰るのじゃ!
 お菓子美味かったのじゃ! ではまたいつかなのじゃ!」

「帰還。それでは術式を準備。座標固定。魔術回路励起――」
 
~みょんみょんみょんみょん~
 
「危なかった、間に合ったのじゃ!」
「最悪。あちらでしばらく魔力を溜めてから。戻ってくる算段もある」
「あちらはあちらで悪くないが、魔物がおったりとおっかねえのじゃ。
 現代の日本はVB世界に比べれば、すこぶる安全で過ごしやすいからのう」

「肯定。焼き鳥がこんなに気軽に食べられる世界は。かなり珍しい」
「お、なんだ食っちゃ寝ーズ、またどっかでお菓子タカってきたんか」
「お、おぬしはトイレ掃除が主な業務の雑用社長、おにーではないか」
「酷い説明セリフもあったもんだよ!?」
「強要。トリックオアトリート。お菓子を寄越すか。お菓子を買ってくるか。どちらかを選んでいい」
「結果変わんねえよ!? まあ椎咲さんが送ってきてくれた激ウマ菓子のとおりもんあるから食え食え」
「うっひょー美味えのじゃ! こればかりはこの辺りでは食えんからのう!」
「美味。洋菓子と和菓子の。絶妙な融合がたまらない」
「オマエらも食ってばかりじゃなくて、マスコットの仕事するんだぞ?」
「失敬な、わしらの勤労意欲をナメたらいかんのじゃ。
 異世界におっても宣伝を忘れぬ、看板娘の鑑じゃぞ?」

「比較。それに比べて。この白まんじゅうは。マトモに宣伝もしない。
 社長の自覚に乏しいのでは?」

「辛辣ゥ!! マスコットにここまでアオられる社長ってある!?
 ばっかおめえ、わしだって宣伝の1つや2つ……えーと、なんかあるかなあ……」

「今になって探しておるのじゃ。使えねえのじゃ」
「故事。泥棒を捕まえてから。縄を編むかのよう」
「うるせえよ!? あ、あった! もげらから預かってたコレがある!
 絶好調開発中の『VenusBlood ORBIT』の主題歌だ!」

「おお、珍しくおにーが仕事しておる!
 皆の者、是非聴いて欲しいのじゃ!」

「楽曲。いつもお世話になっているsolfaさん制作なので。クオリティも折り紙付き」
「更には追加の画像とかもあるぞ!
 VBシリーズ初参加の絵描きさんも、たくさんおるで!! 中にはユーザーだった人もいたりするので、面白いですやね」

※クリックで拡大※
※クリックで拡大※
※クリックで拡大※
※クリックで拡大※
「最近、ゆずもげらが外部と色々調整しておるようじゃから、いよいよ大詰めになってきた気配があるのじゃ」
「折衝。自社だけでおおむね完結するPCソフトと違って。大変なことも多い様子」
「開発も大詰めなので、もうちっと待っててね!
 わしも空気読まずにロリキャラ放り込み続けるから!」

「そのうちゆずもげらに蹴られるぞコヤツ」
「恐怖。血も凍るような惨劇が。社内で発生する日も近い」
「縁起でもねえわ!! 最近はどんどん作業増やされてるから、ちゃんと助けにもなってるもん! ……なってるよね?」
「わしらに聞かれても……」
「続報。『VenusBlood HOLLOW』の方も。アップデートに続々新情報が掲載されているので。そちらも見ておくといい」
「要素増えまくってそこかしこから悲鳴が上がってるけど、頑張るよ! スタッフが!!」
「どうせおにーも後々働かされて血を吐くのじゃろうが……」
「確定。余りにも予想可能な未来」
「ともあれ、色々と他にも動いておるようじゃから、いずれわしらが情報を素っ破抜くやもしれん! 楽しみに待つがよかろう!」
「補給。その時のためにも。今は持って帰ってきたお菓子で英気を養うべき」
「うむ、お茶はさっき飲んだから、今度はトラに珈琲を淹れさせるのじゃ!
 そろそろ夜半は寒くなって来た頃じゃからな、ユーザーの皆も体調には気をつけるのじゃぞ! じゃあの!」

“ハッピーハロウィンじゃ!” への1件の返信

  1. トリックオアロリータ!

    幼女くれなきゃ隕石降らすぞ♪

    という訳でVBOではママを!
    具体的には某エルフの11歳のママや某魔法使いの8歳のママみたいなママを下さいお願いしますなんでもしますから!(なんでもするとは言ってない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

− 1 = 3

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)Any posts that do not include any Japanese characters will be ignored, so please keep this in mind before posting. (This was implemented in order counter spam messages)